脊柱管狭窄症は早めに治療しよう|症状改善通信

病院

外科による的確な治療

観葉植物

高齢者ともなると筋力や体力が低下していく傾向があるため、さまざまな問題を引き起こします。その問題で有名と言えるのがヘルニアです。このヘルニア自体は激痛がおきるため病院で見てもらう必要があります。

View Detail

脊椎管が狭くなると

医者

この症状の病院選び

近年の日本では、急速に高齢化社会が進んでいます。それに従い、脊柱管狭窄症にかかる患者さんが増えてきていると言われています。脊柱管狭窄症とは、加齢や生まれつき脊柱管が狭いといった事が原因で起こるとされ、症状としては腰痛や腰の重み・違和感・張りなどの症状に足の痛みやしびれを伴います。脊柱管狭窄症の治療面においては、首や腰などの専門医が居る専門性の高い事や、最新の診察が行える医療設備が十分に整っている事や、患者さんの希望に沿った診療を行える事などの条件を満たした医療機関が人気を集めています。また、その医療機関に従事する医師や看護師などの人間性の良さなどが、患者さんからの人気を左右するとも言われています。

利点や不利点

脊柱管狭窄症の治療では、内視鏡手術が最も適していると言われています。従来までの脊柱管狭窄症で行われていた手術では、切除する部分が大きくて体への負担が大きい治療法でした。しかし、内視鏡手術を行う事によって、切除する部分が少なくて体への負担が軽くて済み、高齢者でも気軽に受けられる治療法です。また、患部を拡大して見ながら手術が行えるため、明るい視野で確実な手術が出来る事が言えます。しかし、このような利点の多い内視鏡手術でも、デメリットがあります。この内視鏡手術では、全ての患者さんに適している治療法とは言えない事や、最新の治療法であるため、最新の設備が整っていて、高い技術を持った医師を探す必要があるという注意点も存在します。そのため、患者さん自身が数ある整形外科の中から良い施設を選んで治療を受ける事が大切だと言えます。

椎間板ヘルニアの手術とは

看護師

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板ヘルニアの中でも最も発症例が多い病気で、腰痛や足のしびれなどを引き起こします。治療法としては保存療法のほか手術療法などがあります。手術も以前に比べて身体への負担が軽い方法が選べるようになっています。

View Detail

痛みを完治するためには

女性

腰椎椎間板ヘルニア手術では、まず診断の段階で正しい判断を下すことが求められます。そのため、名医とそうでない医師の場合とでは診断の時点で大きな差が開きます。ヘルニア手術の際もヘルニアの取りこぼしなどがあると痛みが改善しないため、やはり名医に手術してもらうことがぜひとも必要です。

View Detail